yosweet_0907のブログ

よっすぃ〜♪です(#^.^#) こちらでブログ書いていきます。よろしくです〜( ´ ▽ ` )ノ

神聖幾何学の説明

神聖幾何学の説明

フラワーオブライフとは


f:id:yosweet_0907:20150324111911j:plain


この神聖な図形は私達の身体の中に深く刻まれており、
すべての数学的な方式・物理的な法則
・音楽のハーモニクス・生命の営み
・原子や分子レベルなど
すべての生きとし生けるものの
あらゆる側面が「フラワー・オブ・ライフ」に内包されています。

これは単にこの図形が花に似ているから
この名前で呼ばれているわけではありません。

樹はやがて花を咲かせ、果実を実らせ、
その中に種を含み、地に落ちて、
新しい樹を生みます。

フラワー・オブ・ライフ」は
生命のサイクル・果樹のサイクルを
象徴しているために、
生命の花(フラワー・オブ・ライフ)と呼ばれているのです。

また、実は5つの生命サイクルの象徴として幾何学と密接な関わりを持っています。

★フルーツオブライフとは

f:id:yosweet_0907:20150324140406j:plain


フラワー・オブ・ライフ幾何学模様から二重線内の未完成の球体をすべて完成させていくと13個の球体が顕現されてきます。

その13個の球体で出来た図形のパターンを“フルーツ・オブ・ライフ”と呼び、神聖幾何学の中でも、最高に神聖なものとして扱われています。

この図形は、様々なパターンが織り込まれた結果として顕われてくるところから、果実という名前がつけられました。

“フルーツ・オブ・ライフ”にあるすべて円は女性エネルギーが現れたものといえます。



メタトロンキューブとは

f:id:yosweet_0907:20150324140427j:plain


“フルーツ・オブ・ライフ”の円に

男性エネルギーとしての直線を加えてみます。

すると、そこから13通りのパターンに導かれていきます。

この13通りのパターンとは、「情報提供システム」であり、そこから、存在するもののすべてが創り出されているといわれています。


このように神聖幾何学は我々にとって深いかかわりを持っています


★マカバについて

f:id:yosweet_0907:20150324141259j:plain

f:id:yosweet_0907:20150324141402j:plain



私たちのエネルギーフィールドも
神聖幾何学で出来ています。

それは正四面体(三角形の立体化したもの)の形をしていて、
2つの正四面体が上下に重ね合わせた
形態になっています。

そしてこの2つの正四面体が人体を
スッポリと囲むような形で
エネルギーフィールドは存在します。

このエネルギーフィールドが活性化し、
高速回転を始めるとマカバと言われる
乗り物になって、
フィールドが球体となったときに
時空を切り開き、
次元移動が可能となるのです。

高次の人々はこれを使って、
時間にとらわれず次元移動を
していたのです。

マカバはアセンションの乗り物です。

マカバの活性化は次元上昇の波に乗って高次へ向かうために必要不可欠なのです。




ドランヴァロ・メルキゼデクの著書
フラワーオブライフ第1巻、第2巻より抜粋